Overview

概 要

がん免疫総合研究センター【Center for Cancer Immunotherapy and Immunobiology (CCII)】は、2020年4⽉に、がん免疫研究・治療における諸課題を世界に先駆けて解決し、がん医療の⾶躍的向上に貢献するために、京都大学大学院医学研究科附属教育研究施設として設置されました。 当センターでは国内外のがん免疫研究者が分野横断的に集結し、医学部附属病院などの医療機関との連携のもと、基礎から臨床応⽤まで⼀気通貫の研究体制を整備します。

初代センター⻑には、PD-1発見の功績により2018年ノーベル⽣理学・医学賞を受賞した本庶 佑⾼等研究院特別教授が就任し、センター内には、がん免疫学基礎系・3部⾨、がん免疫学臨床系・3部⾨の計6部⾨の設置を予定しています。 同一フロアーに基礎と臨床部門を置き、さらに、教員が兼担などでも携わることで、基礎・臨床⼀体となって有機的な協⼒体制を築いていきます。 さらに、若手PI(Principal Investigator)のためのスペースも用意し、がん免疫を専門とする研究者を育成します。 また、企業スペースの設置も予定しており、産学連携の促進にも注力します。

当センターは、⽇本初のがん免疫研究の拠点として、国内外の基礎・臨床にまたがる「がん免疫」研究者のみならず、「がん」と「免疫」領域以外にも、がん免疫治療効果の制御に関連する、様々な分野の研究者が結集し、現在のがん免疫研究・治療における諸課題を世界に先駆けて解決すること、次世代がん免疫研究・治療を発展させることを⽬的としています。

組織図

がん免疫研究関連した優秀な研究者を専任教員として国内外から募集します。 また、医学研究科内の関連分野の研究者を、がん免疫研究拠点を中⼼として再編成します。 臨床各科や、がんセンター、臨床研究総合センター、ゲノム医学センター、医学研究⽀援センター などの学内関連研究機構との協⼒関係を構築し、さらに京都⼤学の On-site Laboratory を設置しているイタリアのがん研究財団(IFOM) および カリフォルニア⼤学サンディエゴ校(UCSD)とも国際連携を図ります。 これにより、がん免疫分野の有機的な研究協⼒体制と⼈材教育システムを構築します。

がん免疫総合研究センター運営委員 (2021年4月1日現在)

氏名 所属 備考
本庶  佑 ・がん免疫総合研究センター センター長
・高等研究院 副院長・特別教授
・免疫ゲノム医学 特任教授
委員長
FAGARASAN Sidonia ・がん免疫総合研究センター 教授
・理化学研究所 生命医科学センター 主任研究員
萩原 正敏 ・がん免疫総合研究センター 副センター長
・形態形成機構学 教授
副委員長
松田 文彦 ゲノム医学センター センター長
武藤  学 腫瘍薬物治療学 教授
小川 誠司 腫瘍生物学 教授
戸井 雅和 乳腺外科学 教授
上野 英樹 免疫細胞生物学 教授

Bristol Myers Squibb棟

この度、がん免疫総合研究センターでは、国からの補助金に加え、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社から総額55億円の寄附を受け、がん免疫治療研究の中核施設として「がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟」を医学部構内南東に建設することになりました。

がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟の外観デザインは、世界的建築家の安藤忠雄氏に作成頂きました。そのコンセプトは、①免疫細胞をイメージした「円弧デザイン」、②やさしい細胞膜を表現した色彩の2点で、日本初のがん免疫治療の総合的な研究拠点らしいシンボリックな外観デザインとなっています。

2023年の完成、使用開始をめざして今後工事を進めていく予定です。


がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟概要

【面積・構造】
建築面積  概ね1,700㎡
延べ床面積 概ね9,500㎡
構造    鉄筋コンクリート造 地上5階、地下1階
 
【設計】
基本設計  安藤忠雄建築研究所 及び 京都大学施設部
実施設計 (建築)株式会社教育施設研究所
      (設備)株式会社総合設備計画

プレスリリース・報道などはこちらをご覧ください
CCII新棟

がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟外観イメージ図(安藤忠雄氏監修 2021年2月現在)